リンパマッサージによる顔のたるみを解消する方法

正しいリンパマッサージで顔のたるみを解消すれば、

スッキリしたフェイスラインを取り戻すことができます。

 

肌が弾力を失い自重で垂れ下がりやすくなることと、

顔の筋肉が減ることが、

年と共に顔がたるみやすくなる要因です。

 

皮膚がたるむのは、

弾力がなくなったために下方へ下がりやすくなるからです。

 

顔面マッサージで表情筋を強化し、

筋肉が皮膚を支える力をアップさせるという方法もありますが、

筋肉を延ばしてしまったり、

肌に負荷をかけることもあるので、要注意です。

 

適切な方法で肌を刺激しないと、

肌を引き締めるどころか、

たるみが増してしまうので気をつけたいものです。

 

こわばっている筋肉を柔らかくほぐすことで、

血流が良くなってお肌にいい作用をもたらすこともあります。

 

顔たるみの解消には、

リンパの流れを改善するリンパマッサージが効果的で、

強く押す必要はなく、手のひら全体で優しく抑える感じで大丈夫です。

 

リンパマッサージを施す時には、

顔から首、鎖骨にかけてのリンパの流れを把握する必要があります。

 

鎖骨のへこんでいるところにリンパ節があるので、

その場所をマッサージしてみてください。

 

顔を流れるリンパ液は、

耳の裏から首筋を通り、鎖骨のへこんでいるところに到達しますので、

中指と人指し指で耳をサンドしつつ、そっと押さえます。

 

首の近くをリンパマッサージでリラックスさせるには、

肩口から鎖骨のへこんでいるところに向けてを柔らかく押します。

 

頭の後ろをマッサージする場合は、

髪の生え際からスタートして、

首から鎖骨にかけてを押し流すようにして揉みほぐしていきます。

 

肌のたるみを改善するためにリンパマッサージをする場合、

繊細な皮膚を押したり引っ張ったりしすぎないよう、

マッサージ用オイルなどを使いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です